レシピ

自家製フランスパン、ずいぶんと慣れてきました。基本的には、ホームベーカリーと食パン型に任せます。

自家製フランスパン、ずいぶんと慣れてきました。切ると、こんな感じです。 フランスパン専用粉250gと、塩5g、モルトパウダー1gに水190ccのシンプルなレシピ。1.4gの少量のイーストで、パナソニックのHBのハード生地コースで生成します。使っているのは、こ…

ホームベーカリーとヘルシオで作ったフランスパン、試行錯誤の末、やっと完成。たぶん、これまで家で作ったパンの中で、一番おいしかった

ヘルシオウォーターオーブンにはフランスパンを焼くコースがあります。フランスパンを通常のオーブンで焼くときには、高温でかつ水蒸気を結構出さなければいけないのに難易度が高いのですが、ヘルシオの自動フランスパンコースではその辺のことを全部やって…

超簡単な、ホームベーカリーとヘルシオを使った全粒粉ぶどうパンの作り方

前回のエントリーで、ヘルシオを使うと発酵が簡単だという話をしましたが、どうやって作るのか、まとめておきます。 まずはホームベーカリーでパン生地を作りましょう。大体のホームベーカリー手作りパンコースがあるはずなので1次発酵までのホームベーカリ…

味噌汁を、ヘルシオとホットクックを併用して、おいしく時間を半分にする方法

ホットクックには味噌汁コースがありますが、味噌を溶かしてくれて便利なのですが、この味噌汁、コースの難点は以下の2つです。 その1 セットしてから出来上がるまでに25分かかる。 その2 かき混ぜ棒が繊細な具を破壊する。 なので、この2つの短所を補う…

ヘルシオで、揚げないヴィーガンコロッケ。新ジャガとまいたけで作りました。おいしくて、一瞬で蒸発。

新ジャガが美味しい季節なので、先日のフライドポテトに続いて、コロッケをつくりました。 いちおう、家には動物性食品がないので、こんな感じで工夫しました。 つけ衣の卵は豆乳で代替 ひき肉は蒸した舞茸で代替 豆乳で代替したのは初めてですが、おかげさ…

豆乳のホワイトソースのスープ。ホットクックのクラムチャウダーコースで一発でできます。

アスパラとエリンギと蒸し豆を、材料と等量の豆乳と、300ccあたり大さじ1の全粒粉の薄力粉を入れて、ホットクックで「クラムチャウダーコース」で加熱すると、おいしいホワイトソーススープが一度にできます。 加熱時間は全部で20分なので、アスパラとかで…

今日の晩御飯。さつまいもは低温蒸し85度で45分で、なにも調味料いらなくなります

今日の晩御飯です。 パプリカ・ピーマン・ナスの煮びたし 大根・人参・しめじ・ゴボウ・油揚げの味噌汁 玄米とサツマイモ さつまいもは、いちょう切りにした後に、ヘルシオのウォーターオーブンで85度で45分ほど加熱していますが、ほんと、驚きの甘さになり…

納豆おいしく食べるには♪ 自家製納豆700gできあがり

最近、納豆は家で作ることにしています。写真は、ちょうど納豆ができあがったところ。 納豆に向いてる小粒の大豆をまずは一晩水に戻して、それを圧力鍋で1時間ちょっと蒸します。圧力鍋は象印の煮込み自慢使用。 で、蒸しあがった大豆に、納豆菌0.2gを一度沸…

低温蒸し料理の例。3種の人参と春菊とまいたけの塩麹あえ。

こちらの記事のブクマなど、スロークッキングの賛同者が増えていて、うれしいです。 katsumakazuyo.hatenablog.com 例えば、今日の晩御飯は写真のような料理を作ったのですが、こんな手順でした。 まず、材料をみんな、同時に蒸し始めます。これがやりたくて…

ホットクックがあまり得意でない青菜の蒸し物はヘルシオのソフト蒸しに任せてあげる

ホットクックの蒸し物は温度が選べないので、原則100°です。そうすると分数で調整するしかないのですが、ほうれん草とか小松菜を沸騰後の時間を1分とか2分にしてもやはり多少まだ葉物がくたっとしてしまいます。 そこで行っているのは何かというと、ヘルシオ…

ホットクックで一番好きな料理は、かぼちゃのポタージュ

私20代の頃からものすごくかぼちゃのポタージュが好きで、色々な方法でどうやったらこれがうまくできるか試してきました。 昔はかぼちゃを一旦蒸してから、ブレンダーで潰して伸ばすことが多かったですが、結構面倒でした。 また一時期はかぼちゃのポタージ…

炊飯器の特急メニューの意外な使い道。野菜が主役の炊き込みご飯はこっちのほうがおいしい。

今日はちょっと仕事で家に帰ってくるのが遅かったので、午後7時半ぐらいから晩御飯を作ることになり、炊き込みご飯を特急メニューで作りました。 通常のモードですと1時間、急速モードですと40分ぐらいで炊けるご飯ですが、特急モードになりますと、27分ぐら…

ホットクックで、私が一番簡単で、一番時間が短くて、一番おいしいと思う料理。それは蒸しカボチャ。

ホットクックは蒸しが大活躍という話を書きました。 katsumakazuyo.hatenablog.com 例えば写真が、朝蒸したカボチャです。 かぼちゃを8ミリくらいに切って、蒸しかごに入れて、時間を沸騰+10分にセットします。沸騰するまでが5~6分なので、だいたい15分くら…

小松菜と蒸し豆を豆乳で作ったホワイトソースであえる。とにかく、料理は温度と時間を指定して作りたい。

今日のお昼は、小松菜と蒸し豆のホワイトソースあえです。 ホワイトソースは豆乳で作っています。ホットクックのホワイトコースメニューで、10分で簡単にできます。 小松菜はヘルシオのソフト蒸し70度で12分ほど蒸しました。ヘルシオで1番よく使うメニューは…

豆料理は例えばこんなメニュー。大豆としいたけを、トマトといんげん豆のソースで煮てみる。うまいっ

豆料理ですが、例えばこんなメニューです。 (すみません、半分ぐらい食べてから慌てて撮ったので、ちょっと量が少なくなっています。) 蒸したインゲン豆と大豆を入れて、椎茸をたくさん入れて、トマトを4つ入れて、総分量の0.6%の塩を加え、ホットクックのチ…

ホットクックの真骨頂の一つは「簡単みそ炒め」です。材料切って、味噌入れて、スイッチ押すだけ。

ホットクックであとよく作る料理は、簡単味噌炒めです。 ブレイズと同じように、野菜やキノコを適当に切ってうち鍋に入れたら、今度は塩ではなく 「総重量の5%の味噌」 をいれて、あとは、炒め機能がある最新のホットクックの機種は手動炒め、ないものはホッ…

肉の代わりに、大豆・油揚げ・厚揚げなどを使えば、ほぼ同じ料理ができるとだんだんわかってきました。コクはアボカドオイルを足します。

元気になってきたので食事も作り始めました。写真は、ホットクックで作ったミートソースですが、通常と材料が1つだけ違うのは、 ひき肉を蒸した大豆に変えている ことです。 大体、蒸し大豆や油揚げ、厚揚げを常備してあるので、それを何らかの形で肉の代わ…

ホットクックで作る味噌汁の手順。感覚的には、ほぼ、インスタント味噌汁です。

ホットクックのヘビロテメニューの一つは、味噌汁です。感覚的には、インスタント味噌汁の袋を開けて、お湯をいれるのとおんなじくらい。特に、何杯か作るときには、一度にできるので、こっちの方が楽です。 手順は簡単で、まず、材料を切っていれる。家の中…

私が料理のレシピをみないでも料理を作れるようにしてくれた、料理人三傑とそのバイブル本

約28年前に結婚して、実家を出てから、当時の夫がほとんど料理をしない人だったので、それから強制的に料理主担当になりました。そこから今日まで、日々料理と格闘していたのですが、まぁ、料理本やレシピをみないで料理ができるようになったのが、ここ10年…

蒸したひよこ豆は、こんな感じで乾物と一緒にお昼ご飯になっていきます。

蒸したひよこ豆、こんな感じで、 無洗米1合 1合用の水210cc 蒸したひよこ豆 えのき1パック 乾燥わかめ適当 わかめを戻す水20ccくらい 全分量の3.75%のしょうゆ。今回は21gくらい をいれて、炊飯器で炊くと、うまうまの混ぜご飯になります。 豆を最初から…

ブレイズ(蒸し煮)が意外と日本ではマイナーな料理みたいなので説明。無水鍋あれば簡単にできます。

私は昔からよくブレイズを作るのですが、ブレイズは意外と日本では作っている人が少ないみたいので、簡単に説明します。 まぁ、平たく言うと、 無水鍋とか多重鍋で作る野菜の蒸し煮 です。 私は、丸元淑生さんの本で覚えました。一時期、丸元淑生さんの料理…

ホットクックがもっとも得意なのはホワイトソース料理

ホットクックが来てから、しちめんどくさかったホワイトソース料理が簡単にできるようになりました。 写真は今朝作った、ほうれん草とマッシュルームのホワイトソースあえ。 何せ、ホットクック前は、耐熱容器に牛乳と小麦粉を入れて、1分とか30秒おきにチン…

ホットクックのかき混ぜ棒(まぜ技ユニット)の威力はホワイトシチューを作るとわかる

まぁ、あんなスカスカの冷蔵庫の材料で何ができるのかと不思議がると思いますが、とりあえず今日は晩ご飯用にホワイトシチューを作りました。 私は生放送があるので、早めに食べて仕事に行き、夜に保温している状態で、子ども(といっても、もうけっこう大き…

クリスマスのお昼はキャベツとトマトと赤パプリカの煮浸し

一応少しだけクリスマスカラーを意識してみました。 材料 キャベツ半玉 豚バラ肉300g しめじ100g 赤パプリカ1つ トマト4つ 分量の塩0.6% これを、ホットクックで軽くチン。手動かき混ぜあり7分(7分は、沸点に達してからの時間、なのて、トータルでは30分く…

クリスマスイブは鶏大根。ホットクックで35分。

材料は大根2分の1本、鶏もも200グラム、エリンギ100g、水200cc。あとしょうゆ。 ここに今回は、ご飯のおかずなので、ちょっと塩分を強めて、0.7%相当の塩分になるよう、しょうゆを計算して投入して、ホットクックの「鶏大根コース」でチン。35分でできあがり…

肉と野菜に塩を入れるだけのホットクック手順

どうも、野菜と肉と塩だけで料理を作ると言うことに対して、イメージがわかない人が多いみたいなので、簡単な写真で手順を説明します。 まずは、肉と野菜を適当に切って入れます。今回は豚バラ肉200グラム、黄色とオレンジのパプリカを1個ずつ、茄子を3本、…