音声入力

あと、最近はLINEとかMessengerではもう、句読点いれるの止めました

あと最近スマホや iPad では、文字を入れるとしてもほとんど LINE やメッセンジャーしか使わないのですが、その時に Google の音声入力だと句読点が入らないので、それを訂正するのがめんどくさいので、どうせ一行とか二行なので句読点を入れるのはやめてし…

結局、なんだかんだ言って Google 音声入力で一気に入力してしまうのが、ブログの更新も原稿書きも一番早くて楽だということがわかりました

音声入力のスピードを色々試してみましたが、結局一番早いのが 「句読点や誤認識を全く無視して、まずは一気に Google 音声入力で入れてしまってそこからキーボードと Google 音声入力を併用しながら修正すること」 です。 結局 iOS で入れたとしても、句読…

短い音声入力をリモートマウスで行う時には、Google の方が便利な理由。終了のボタンが不要だから。

Facebook や Twitter などで、本当に一行か二行返事をするときに、いちいち Google ドキュメントを立ち上げるのは面倒くさいので、リモートマウスで入力をして送っています。 リモートマウスは iPad なので iOS でも Google でもどちらでも入力が使えるので…

iOSとGoogle音声入力の違い。サクサクだけれどもとりこぼすiOS VS 重いけれどもより正確なGoogle

というわけで、ここ最近主旨替えをして、主力の音声入力を iOS から Google に取り替えています。 もともと、WindowsではChrome を使ってれば Google ドキュメントで音声入力が出来ますし、 iOS 系の場合は Gboardという Google が出してるキーボードを導入…

とりあえず、今の音声入力環境の画像です。Google ドキュメントとリモートマウスを併用しています。

とりあえず色々試行錯誤をしてみたのですが、 現状の音声入力環境はこんな感じです。 左が Windows パソコンに繋がっているマイクで、右は iPad Pro によるリモートマウスです。 Windows パソコンに繋がってるマイクの方は Google ドキュメントの音声入力用…

今、唐突に気づいたんだのですが、ひょっとして、ブログも思い切りスマホの方で下書きだけ音声入力で書いて、それをパソコンで修正する方がシンプルかも

今あまりにも基本的なことに気づきました。もともと、はてなブログは下書きを取っておく機能があるので、特に出先なとでは無理にリモートマウスを使わず、下書きまでは iPhone とかで一気に音声入力が直接できる機械で行ってしまって、パソコンの方で句読点…

Google 音声入力のために、左手の小指だけ句点も読点も入れられるようにキーボードのアサイメントを調整しました

Google の音声入力の問題では何かと言うとしつこいようですが句読点が入らないことです。 幸い私は親指シフトのためすべてのパソコンに「DvorakJ」というキーボードのエミュレーションのソフトウェアを入れてるので、自分でキーに対するアサイメント自由に変…

タリーズで音声入力をする方法。iPhone+Google音声入力でよさそうです。

最近は色々な方法で出先でも、音声入力による原稿書きやブログの更新を試しています。 まず出先の難点は何かと言うと、家の中と違ってとにかく雑音が多いのです。いまタリーズにいますが、店内では音楽が鳴りぱなしですし、左右の人は話をしてますし、店の人…

あらら、GboardからGoogle音声入力になるスピード、意外とiPadの世代で違う

そういうわけで最近 Gboardの Google 音声入力をメインにすることにしました。 そしてやっていて気が付いたのですが、iPhone Xとか iPad Proとか iPadとか iPad mini とか家にたくさんある iOS 機器の中で、CPU でどうもGboardからGoogle音声入力の起動のス…

Google の音声入力の方がストレスが少ない理由が分かりました。それは、必ずキーボードを併用するからです。

昨日からずっと Google の音声入力を試しているのですが、意外と iOS や Windows の音声入力と比べても、ストレスが少ないなと感じました。 そしてその理由は何だろうと考えたのですが 、iOS やWindows の場合はうまくいくとキーボードを使わなくていいので…

しばらく音声入力を、Googleの音声入力に統一してみる方法を試してみたいと思います。

相変わらず音声入力について色々試行錯誤をしています。 Google の音声入力の最大の欠点は句読点が入らないことですが、句読点が入らないことを除いたら、iOSやWindowsよりも音声入力への変換効率が非常に良いです。句読点の編集作業以外は、 iOS に比べると…

Windows10での標準音声入力でブログを書いてみるテスト。Windowsではなくマイクのオンオフを使うと意外とうまくいくことを発見しました。

まだしつこく、Windows10の標準の音声入力を使ってみています。 最近ひとつ工夫をしているのは、Windows10の音声入力してるときは、ハードウエアのマイクそのもののミュートスイッチのオンとオフをこまめに押すことです。 Windows10の画面のマイクのアイコン…

Googleドキュメントの出しっぱなし、音声入力にすんごい楽です

普段、このブログの更新もリモートマウスで行っていますが、毎回課題になるのは、リモートマウスがうまく音声入力の聞き取りをできなかった時です。 まぁ1度位、言い方を変えたり、はっきり発音してあげると、ちゃんと聞き取ることもありますが、大概の場合…

これはどうだろう。一画面がGoogle Document専用

ちょっとこういうものを試してみたいと思いますがどうでしょうか。 リモートマウスが普段iPadで立ち上がりっぱなしですが、全く同じ考え方で、Googleドキュメントの画面を1つ立ち上げっぱなしにして、全部そこからコピペしてくるわけです。 もちろん、手元に…

そうか、音声入力、Wordを放棄して、Googleドキュメント使えばいいんだ

どうも、DvorakJをやまぶきRにしても、相変わらずWindows10純正の音声入力稼働中のWordと相性が悪く、同じキーが複数でダブって入力されたり、調子が悪いです。 そしてふと考えたのは、どうせ私、メールマガジンや原稿などはほとんどプレーンテキストしかか…

Windows10の音声入力との相性が悪いので、親指シフトのエミュレーターをDvorakJからやまぶきRにしました

どうも、Windows10音声入力をつけていると、親指シフトのエミュレーションのために付けているDvorakJが誤動作します。誤動作するだけならいいのですが、たまにWordが落ちます。 なので、親指シフトのエミュレーターを、DvorakJから、やまぶきRにすることにし…

結局音声入力は、リモートマウスをメインで、Windows10の音声入力を修正用に使うことにしました。

ここ数日間、いろいろ音声入力を試していますが、結論としては、以下のように使い分けることにしました。 その1 やはりメインはリモートマウス。ただし、リモートマウスの端末をiPad Proから普通のiPadに変えました。 なぜリモートマウスをメインにするかと…

あおちゃんを撫でながら音声入力中

ちょっとでも手を離すと、撫でて、撫でてとせがまれるので、両手が使えないので、やはり正確な音声入力が必要です。

ちょっとためしに、リモートマウスとWindows10の音声入力を併用してみることにしました。

とりあえず、リモートマウスにもWindows10での音声入力にも、一長一短があるので、試しに両方を併用してみることにしました。 リモートマウスを使ったときの難点は、単語登録の方法に限りがあることです。クラウドですので、一発勝負のような形で、うまくい…

Windows10の音声入力は、静かな場所だと実はかなり正確に聞き取る

最近、Windows10の音声入力も併用しています。 メインはリモートマウスによる iOSの音声入力ですが、Windows10の標準装備の音声入力も、たまに使っています。 そして最近発見したことは、家でのWindows10の音声入力、あまり正確に聞き取らないのですが、その…

Windows10の標準の音声認識も、意外といけます。コツは、単語登録をしまくることです。

レッツノートでは、長文を書くときにはGoogleドキュメントで音声入力を使えばいいのですが、Facebookやその他でちょっとしたコメントをつける時に、いちいち、Googleドキュメントを開いてコピペをするのは現実的ではありません。 そういう時には、Windows10…

まだ悩んでいる、Google音声入力 VS リモートマウス音声入力

少しずつ、Googleの音声入力も試しています。 前からGoogle音声入力を使わない理由は、句読点が入らないからだと説明しましたが、もう一つの理由は 「Googleドキュメントで使うことが、ウィンドウズの場合は前提」 だからです。 例えばこのブログをアップデ…

私がGoogle音声入力を使わない理由はただ1つで、句読点が入らないからです。

よく、音声入力なら、iOS系よりGoogle系の方が優秀ではないですかと聞かれますが、私がGoogleの音声入力系を使わない理由はただ1つで、 日本語では句読点が入らないから につきます。 iOSなら てん、まる で 、。 となります。 ドラゴンスピーチはスペースに…

半日ほど、ローマ字入力をしていて感じたこと。入力のスピード差は乗り物の時速の差のイメージ

今日の午後半日ほど、会社のオフィスで仕事をしていましたが、ちょっと出かける時に急いでいたので、少し遠くにあったレッツノートではなく、たまたま手元に近かったiPadとカバーキーボードを持ってきました。 まぁ、この組み合わせだと、親指シフトはできな…

音声入力の誤変換はMS Word+MS IMEで修正しています

このブログに入力をするときには、直接リモートマウスから音声入力しているので使っていませんが、普段メルマガや雑誌の原稿などの長文を書くときには、Microsoft Wordを使っています。 それはなぜかと言うと、ウィンドウズのMicrosoft Wordに、iOSのリモー…

音声入力による生産性の向上は、ざっくり「3倍」くらいのイメージ

私は、2009年ごろから継続的に音声入力を試してはやめて繰り返しでしたが、2016年ぐらいから、ようやくキーボードの生産性に追いつくようになりました。 そして2017年に完全に逆転しました。特に、ドラゴンスピーチでは様々な文脈に従って単語を選ぶのが難し…

iPhoneやiPadで音声入力の単語登録をする方法~シンプルに連絡帳を使う

iPhoneやiPadで音声入力用の単語登録をする方法、意外と知らない人が多いので簡単なメモを作りました。 連絡先の姓のところに単語を、姓の読み方に読み仮名を入れると、簡単に変換されるようになります。 「身体知」(シンタイチ) でいっぱつで出ます。 まだ…

Remote Mouseによる音声入力はマイクボタンを出しっぱなしにしておくのがコツ

ブックマークの中で、リモートマウスの操作がしづらいと言うものがありましたが、リモートマウスは ・マイクを出しっぱなしにしておく ・スタンドに立てておく のがコツです。 どうせキーボードはウィンドウズ側で打てるので、リモートマウスは音声入力の画…

どうして正確な音声入力が必要か

それはこんなふうによくキーボードを邪魔されて、キーボードが使えなくなるからです。 6歳になる三毛猫のちろちゃんです。保護猫出身です。よろしくお願いします。