音声入力

VoiceInputが句読点が自動挿入なってめちゃめちゃ便利になりました

これまで何回か紹介してる、AndroidからWindowsに音声を入力するツールのVoiceInputですが、新しいバージョンアップで句読点が自動挿入になりました。 少し音の間を開けると読点が挿入され、文末には句点が挿入されます。まだ読点の挿入には少し慣れが必要で…

VoiceInputがバージョンアップされて使いやすくなりました

音声認識ソフトででん私がSimejiと並んでよく使っているのが VoiceInput ですが、これはGoogle音声入力を基本にしながら句読点が入れられるようにしてくれたものです。 このソフトの特徴は毎回音声入力ボタンを押さなくてもできるということなのですが、逆に…

最近の音声入力環境

最近の音声入力環境はこんな感じになっています。 Android Huawei M3 リモートマウス Simeji なぜそうなったかというと、もともと使っていたiOSの音声入力がなぜか、つい最近iOSがバージョンアップしてからリモートマウスを使うと二重に入力されるようになっ…

リモートマウスを Android で復活中

iOS がアップデートしてからリモートマウスがやたらと使いにくくなって悩んでいました。 仕方がないので、iOSの標準音声入力ではなく Google の音声入力を使っていたのですが、 iPad でも iPhone でも Google の音声入力を立ち上げる時に一瞬の間があります…

結局、リモートマウス復活

iOS がバージョンアップしたらリモートマウスが調子悪くなったというエントリーを前に書きましたが、リモートマウスに何か問題があるかと、開発元に連絡したところ 「iOS のバージョンアップで特に問題があるという報告を受けていないので、どちらかと言うと…

さすがにリモートマウスの運用が非現実的になってきました

リモートマウスを iOS の場合に、いちいち電源オンオフすればまあ使えるという記事を載せましたが、さすがにちょっと運用としては非現実的です。 katsumakazuyo.hatenablog.com 仕方がないので渋々 Windows 10の標準入力を戻すことにしました。これであれば…

パソコンの内蔵マイクが認識しなくなった時の対処方法

さっきから、バネ指の診察待ちで、2時間も待ち時間があったので外に行っていいというのでデニーズでノートパソコンで仕事をしていましたが、Googleドキュメントの音声入力のためのマイクが動きませんでした。 再起動したり、ドライバの更新をしてみたり、い…

リモートマウスの iPad の置き場所をキーボードの右からキーボードの上に変えてみました

今までリモートマウス用の iPadはキーボードの右に置いていたのですが、正面にあった方が便利かなと思ってキーボードの上に置き場所を変えてみました。 そしたらキーボードと一体化してキーボードを使うよりもますます便利になりました。これだとマッキント…

iOSが11.3.1にバージョンアップしてリモートマウスが使えなくなった人への対処方法

iOSを11.3.1にバージョンアップするとリモートマウスが繋がなくなるようです。 私は全く同じ時期にルーターを変えたのでルーターのせいかと思っていましたがどちらかと言うと iOS のせいのようです。 で、私もどうやったらできるかと試行錯誤をしてみたので…

Google ドキュメントが、突然日本語入力が使えなくなる件に疲れた

メールマガジンの原稿とかブログのような短い文章を書いてる時には、Google ドキュメントそこまでストレスを感じないのですが、たまに長い文章を書いたり、あるいは本の原稿のような長文を書くときに困ることがあります。 それは何かと言うと、Google ドキュ…

あと、最近はLINEとかMessengerではもう、句読点いれるの止めました

あと最近スマホや iPad では、文字を入れるとしてもほとんど LINE やメッセンジャーしか使わないのですが、その時に Google の音声入力だと句読点が入らないので、それを訂正するのがめんどくさいので、どうせ一行とか二行なので句読点を入れるのはやめてし…

結局、なんだかんだ言って Google 音声入力で一気に入力してしまうのが、ブログの更新も原稿書きも一番早くて楽だということがわかりました

音声入力のスピードを色々試してみましたが、結局一番早いのが 「句読点や誤認識を全く無視して、まずは一気に Google 音声入力で入れてしまってそこからキーボードと Google 音声入力を併用しながら修正すること」 です。 結局 iOS で入れたとしても、句読…

短い音声入力をリモートマウスで行う時には、Google の方が便利な理由。終了のボタンが不要だから。

Facebook や Twitter などで、本当に一行か二行返事をするときに、いちいち Google ドキュメントを立ち上げるのは面倒くさいので、リモートマウスで入力をして送っています。 リモートマウスは iPad なので iOS でも Google でもどちらでも入力が使えるので…

iOSとGoogle音声入力の違い。サクサクだけれどもとりこぼすiOS VS 重いけれどもより正確なGoogle

というわけで、ここ最近主旨替えをして、主力の音声入力を iOS から Google に取り替えています。 もともと、WindowsではChrome を使ってれば Google ドキュメントで音声入力が出来ますし、 iOS 系の場合は Gboardという Google が出してるキーボードを導入…

とりあえず、今の音声入力環境の画像です。Google ドキュメントとリモートマウスを併用しています。

とりあえず色々試行錯誤をしてみたのですが、 現状の音声入力環境はこんな感じです。 左が Windows パソコンに繋がっているマイクで、右は iPad Pro によるリモートマウスです。 Windows パソコンに繋がってるマイクの方は Google ドキュメントの音声入力用…

今、唐突に気づいたんだのですが、ひょっとして、ブログも思い切りスマホの方で下書きだけ音声入力で書いて、それをパソコンで修正する方がシンプルかも

今あまりにも基本的なことに気づきました。もともと、はてなブログは下書きを取っておく機能があるので、特に出先なとでは無理にリモートマウスを使わず、下書きまでは iPhone とかで一気に音声入力が直接できる機械で行ってしまって、パソコンの方で句読点…

Google 音声入力のために、左手の小指だけ句点も読点も入れられるようにキーボードのアサイメントを調整しました

Google の音声入力の問題では何かと言うとしつこいようですが句読点が入らないことです。 幸い私は親指シフトのためすべてのパソコンに「DvorakJ」というキーボードのエミュレーションのソフトウェアを入れてるので、自分でキーに対するアサイメント自由に変…

タリーズで音声入力をする方法。iPhone+Google音声入力でよさそうです。

最近は色々な方法で出先でも、音声入力による原稿書きやブログの更新を試しています。 まず出先の難点は何かと言うと、家の中と違ってとにかく雑音が多いのです。いまタリーズにいますが、店内では音楽が鳴りぱなしですし、左右の人は話をしてますし、店の人…

あらら、GboardからGoogle音声入力になるスピード、意外とiPadの世代で違う

そういうわけで最近 Gboardの Google 音声入力をメインにすることにしました。 そしてやっていて気が付いたのですが、iPhone Xとか iPad Proとか iPadとか iPad mini とか家にたくさんある iOS 機器の中で、CPU でどうもGboardからGoogle音声入力の起動のス…

Google の音声入力の方がストレスが少ない理由が分かりました。それは、必ずキーボードを併用するからです。

昨日からずっと Google の音声入力を試しているのですが、意外と iOS や Windows の音声入力と比べても、ストレスが少ないなと感じました。 そしてその理由は何だろうと考えたのですが 、iOS やWindows の場合はうまくいくとキーボードを使わなくていいので…

しばらく音声入力を、Googleの音声入力に統一してみる方法を試してみたいと思います。

相変わらず音声入力について色々試行錯誤をしています。 Google の音声入力の最大の欠点は句読点が入らないことですが、句読点が入らないことを除いたら、iOSやWindowsよりも音声入力への変換効率が非常に良いです。句読点の編集作業以外は、 iOS に比べると…

Windows10での標準音声入力でブログを書いてみるテスト。Windowsではなくマイクのオンオフを使うと意外とうまくいくことを発見しました。

まだしつこく、Windows10の標準の音声入力を使ってみています。 最近ひとつ工夫をしているのは、Windows10の音声入力してるときは、ハードウエアのマイクそのもののミュートスイッチのオンとオフをこまめに押すことです。 Windows10の画面のマイクのアイコン…

Googleドキュメントの出しっぱなし、音声入力にすんごい楽です

普段、このブログの更新もリモートマウスで行っていますが、毎回課題になるのは、リモートマウスがうまく音声入力の聞き取りをできなかった時です。 まぁ1度位、言い方を変えたり、はっきり発音してあげると、ちゃんと聞き取ることもありますが、大概の場合…

これはどうだろう。一画面がGoogle Document専用

ちょっとこういうものを試してみたいと思いますがどうでしょうか。 リモートマウスが普段iPadで立ち上がりっぱなしですが、全く同じ考え方で、Googleドキュメントの画面を1つ立ち上げっぱなしにして、全部そこからコピペしてくるわけです。 もちろん、手元に…

そうか、音声入力、Wordを放棄して、Googleドキュメント使えばいいんだ

どうも、DvorakJをやまぶきRにしても、相変わらずWindows10純正の音声入力稼働中のWordと相性が悪く、同じキーが複数でダブって入力されたり、調子が悪いです。 そしてふと考えたのは、どうせ私、メールマガジンや原稿などはほとんどプレーンテキストしかか…

Windows10の音声入力との相性が悪いので、親指シフトのエミュレーターをDvorakJからやまぶきRにしました

どうも、Windows10音声入力をつけていると、親指シフトのエミュレーションのために付けているDvorakJが誤動作します。誤動作するだけならいいのですが、たまにWordが落ちます。 なので、親指シフトのエミュレーターを、DvorakJから、やまぶきRにすることにし…

結局音声入力は、リモートマウスをメインで、Windows10の音声入力を修正用に使うことにしました。

ここ数日間、いろいろ音声入力を試していますが、結論としては、以下のように使い分けることにしました。 その1 やはりメインはリモートマウス。ただし、リモートマウスの端末をiPad Proから普通のiPadに変えました。 なぜリモートマウスをメインにするかと…

あおちゃんを撫でながら音声入力中

ちょっとでも手を離すと、撫でて、撫でてとせがまれるので、両手が使えないので、やはり正確な音声入力が必要です。

ちょっとためしに、リモートマウスとWindows10の音声入力を併用してみることにしました。

とりあえず、リモートマウスにもWindows10での音声入力にも、一長一短があるので、試しに両方を併用してみることにしました。 リモートマウスを使ったときの難点は、単語登録の方法に限りがあることです。クラウドですので、一発勝負のような形で、うまくい…

Windows10の音声入力は、静かな場所だと実はかなり正確に聞き取る

最近、Windows10の音声入力も併用しています。 メインはリモートマウスによる iOSの音声入力ですが、Windows10の標準装備の音声入力も、たまに使っています。 そして最近発見したことは、家でのWindows10の音声入力、あまり正確に聞き取らないのですが、その…