スマートクッキング

クリスマスイブは鶏大根。ホットクックで35分。

材料は大根2分の1本、鶏もも200グラム、エリンギ100g、水200cc。あとしょうゆ。 ここに今回は、ご飯のおかずなので、ちょっと塩分を強めて、0.7%相当の塩分になるよう、しょうゆを計算して投入して、ホットクックの「鶏大根コース」でチン。35分でできあがり…

肉と野菜に塩を入れるだけのホットクック手順

どうも、野菜と肉と塩だけで料理を作ると言うことに対して、イメージがわかない人が多いみたいなので、簡単な写真で手順を説明します。 まずは、肉と野菜を適当に切って入れます。今回は豚バラ肉200グラム、黄色とオレンジのパプリカを1個ずつ、茄子を3本、…

2つの電子ばかりで、しょうゆ味の炊き込みご飯を作る場合の手順

それではしつこく、今度は2つの電子ばかりで炊き込みご飯を作るときの手順です。 まずは炊飯器の釜に、1合の無洗米150グラム220 CCの水を足します。そこに、好みの肉と野菜を加えます。今回は鶏の胸肉200グラム、かぼちゃ8分の1、アスパラ一束入れました。 …

2つの電子ばかりがGoogle Homeと共に必要な理由

こんな感じで測るからです。 左が、ボールごとの重さ。袋引きしてから載せようとすると、用意している間に電源が切れたりして面倒なので、はじめからこっちは0から始めて、そこにボールごと、どんと載せます。 で、 「OK Google、796-470は?」 と聞くと 「…

0.6%の塩分量の計算をなぜ、Google Homeでやるのか。それは、AlexaもSiriもできないから(2017年12月現在)。

このエントリー 0.6%の塩分をGoogle Homeで計算する方法。台所にGoogle Homeは必需品。 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ http://katsumakazuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/21/233829 なんで、Google Homeなのかというと、 Siri Ale…

ホットクックの得意料理・不得意料理と、もっとも重要な使い方のコツ

ホットクックで普段何を作ってるのか、質問があったのでエントリーをつくります。すべてシュガーフリーです。 家にあるのは2.4リットルの旧型2台と、2.4リットルの新型1台です(写真は、旧型2台です。一番左は象印の炊飯器。炊飯用。もう1台のホットクッ…

Google Homeで複数のタイマーを作る方法

Google Homeでもっとも私が使っている用途がタイマーです。 で、複数作れる人ことを知らない人が多いので、簡単なメモ。 まず、単独のタイマーだったら簡単で、 OK Google、タイマー3分スタート でいいです。 で、これがコーヒーだったら OK Google、コーヒ…

0.6%の塩分をGoogle Homeで計算する方法。台所にGoogle Homeは必需品。

私は調味料は砂糖やみりんを全く使わず、原則として、総重量の0.6%相当の塩分を入れることにしています。 もともとロジカルクッキングの水島シェフの推奨が0.8%だったのですが、私もずっと作っていくうちにそのうち0.7%となり、今は0.6%まで下がりました。 …

ホットクックによるシュガーフリー生活のすすめ。楽すぎて止められません。

2年前に断捨離をして、割と自由に短時間で台所で料理を出来るようになってから、1日平均2.5食くらい、自炊しています。 そして自炊生活によって得られたものは何かと言うと 食欲と体重コントロールをしなくて済むようになった ことです。 お腹がすいたら好…

コーヒーマシン系は個人輸入がお勧め

こちらは、私のキッチンのコーヒーセットです。よくホテルにあるような感じで、コーヒーや紅茶、カモミールティーやミントティー、ウーロン茶などを自由に選べるようにしています。 左のマシンはミルクフォーマーです。で、この2つ、何が私的にポイントかと…